上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
翌日からすぐにアルバイト探しを始めなければならなかった。

授業料は親が負担してくれることになっていた。それ以外の生活費などは奨学金を借りることとアルバイトの収入で賄うことにした。

東京でいかにお金をかけずに生活していくか、ということが私にとっては大切な修行だった。

大学の近くでアルバイト先を探すか、友人のマンションのそばで探すかについては迷ったのだが、当面週末をアルバイトの時間に当てることにしたので、友人のマンションのそばで探すことにした。

飲食店でのアルバイトなどの張り紙がたくさん見られたがなかなか時間が合わない。

週末だけのアルバイトがなかなか見つからなかった。

友人もアルバイト生活をしていたのだが、ある日曜日友人がアルバイトをすっぽかしてしまう事件が起きた。

友人はその日は前日から外出して戻っておらず、マンションには私だけがいた。

そこにアルバイト先の男性が訪ねてきたのである。

朝から引越しの仕事が入っていたらしく、その男性は友人を迎えにきたのだ。

私が友人が不在であることを告げると、かなり困った表情でマンションの玄関あたりをうろうろしていた。私は理由がわかるわけもなく、そのまま部屋に残っていた。

しばらくするとまたマンションの部屋までやってきて友人に伝言を頼んだことで私はようやく理由が飲み込めたのである。

やむをえず私が友人のかわりにアルバイトに行くことになり、これがきっかけで私はこのアルバイトをはじめることになった。

週末だけでも働かせてもらえるということだったし、アルバイト代も決して安くはなかった。

こうして都合のいいアルバイトが見つかり、結局私はこのアルバイトを長く続けることになった。

関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://wakakihibi.blog62.fc2.com/tb.php/101-5268a02e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。