FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.02.02 無明の未来
私が大学院で知り合った友人は、親切で品のいい人が多かった。

私に色んな情報を教えてくれたり、アルバイトを紹介してくれた女性は大学院生ではなく、聴講生だった。

また同じように私の教授の授業には他の聴講生もいてゼミなどを通じて色んな人と知り合いになった。

みんな勉強が好きで、知的で、行動的だ。

私の知らないことをたくさん知っていた。真剣に社会のことを議論したり、学問的な討論をしたり、一緒に色んなことを勉強してみたり。

中にはフリーターで大学院に聴講しにきている人もいて、田舎ではちょっと知り合えない人との出会いがたくさんあった。

聴講生の女性は交友関係が広く、他の大学の大学院生や学生、フリーターやサラリーマンまで、いろんな人を紹介してもらった。

東京では色んなライフスタイルがあった。就職もせずにこんな生活をしていたら私の田舎では変わり者扱いされるのではないかと思った。

ただおそらく学問をすることを自分の職業にすることはかなり難しいはずだった。

もし仮にそれが可能なら、もっと多くの人が大学院から大学の教職員になっているはずだったが、大方の人はそうではなく、何年も大学院に居座り続ける。

就職先がないのである。

ただ時々お酒を飲みながら色んな話をしても、自分の将来に対して明確なビジョンを描いている人は少なかった。

また文科系の大学院の場合は、普通に大学を卒業した学生よりも就職自体は不利になるということもわかった。

民間企業の誰が好んで分析や批評の大好きな大学院生を採用するだろうか。

このように当時、大学院は優秀な頭脳を社会に送り出すなどというものではなく、大方の場合は社会に出ることのできない学生のプライドの保持の場だった。

景気がよく、それでも生活には困らないし、先延ばしが可能な年齢でもあった。

サラリーマンの友人も、職業に対して熱意をもって取り組んでいるというより、仕事は生活のために仕方なくやるが、本当は趣味や余暇を重視している人が多かったと思う。

その意味で、暗がりのなかを手探りで生きているような、そんな気がした。

いくら学問をやってもなかなか自分の道は見出せないものだ。



奇跡のユダヤ学習法 ホームスタディ講座


ユダヤ・潜在意識のすごい裏ワザ




関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://wakakihibi.blog62.fc2.com/tb.php/108-a4a66d42
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。