上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
同じゼミの聴講生から、土曜日に勉強会をやることになったので、一緒に参加しないか、と誘われた。

通常大学の中で生活していると世界が狭くなるので、私はチャンスがあればどこにでも出かけていくことにしていた。

場所は渋谷の喫茶店。確か道玄坂にある「ライオン」というお店だったと記憶している。

薄暗い店の地下に、広い会議室のような場所があって、そこでいつも6~8人くらいのメンバーが集まって、英語のテキストを読んでいた。

すでに社会人の人や東京大学の学生や、フリーターのような人まで、今考えると何のために勉強していたのかよくわからない集まりだった。

ただ私は、何の目的もなく「勉強のために勉強する」というような時間もありかな、と考えていた。

勉強会が終わると渋谷の居酒屋でみんなで飲んで、色んな話をした。

アカデミックなことがひとつの学生のファッションやスタイルだったのかもしれない。

今では大学の中でアカデミズムに触れること自体が難しい時代になった。

もちろん学問の府と呼ばれるような雰囲気を維持している大学もあるだろうが、ほとんどは学生自身に学問をやるという気持ちが皆無であるために、また大学はそれを学生になかなか強制できないがために、学生時代は「ただの自由時間」になっているだろう。

学生が自主的に集まって、全く課題や宿題などとは関係なく勉強している風景は本当の意味での「学生らしさ」を感じる。

今の大学生にこの「学生らしさ」を取り戻すことは非常に大切なことではないだろうか。



関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://wakakihibi.blog62.fc2.com/tb.php/111-90864e34
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。