上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.02.16 神戸の夏
東京の夏はとても暑かった。

田舎とは暑さの質が全く違う。

大学院に入学したその年の夏、私は神戸にいた。

大学時代に親友だったNが神戸で働いていたので、彼に会いに行ったのである。

その期間、日雇い労働者の生活を見た。

私はお金がなかったので、日雇い労働者が生活に使っている安い旅館(といってもとてもそんな代物ではなかったが)に宿泊したからだ。

このときほど自分の恵まれた境涯を実感したことはなかった。

この旅館はNがただ安いというだけで私に教えてくれたものだ。

部屋の広さは畳一畳。そこに布団がぽんと置いてあるだけ。
宿泊料は一泊で500円。

そこに泊まっているのはほとんどが日雇い労働者だった。

実に年配の人がやたらと多く、よぼよぼのおじいさんもいた。

その旅館にはグレードの高い部屋もあって、一泊2000円。
そこには日雇い労働者に仕事の仲介をしてピンはねしている男が泊まっていた。

私はそんな旅館に何泊もして色んな人に話を聞いたのだった。

毎日、毎食、インスタントラーメンを食べている初老の男性や毎日同じ服を着て、くたびれ果てた多くの労働者達。

そこに学生である私がいることはいかにも不似合いだった。



ジュース入れのフリーターだった私が3年で3億の資金を調達した奇跡の方法
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://wakakihibi.blog62.fc2.com/tb.php/112-a469757a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。