上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.03.09 今はなき街に
昼間は日雇い労働者と生活を供にした。

彼らには将来への希望などはなく、毎日の日銭を稼ぎ、消費するという生活があるだけだった。

なぜこんな生活をする羽目になったのか、実は些細なことがきっかけでそうなった人が多かった。

誰でもこんな生活をする可能性があるのだ。

世間では景気が悪いわけではなかった。私の学生時代はまだ非常な好景気が続いていて、若い学生の就職は決して困難ではなかった。

しかし、こんな生活をしている人がまだ日本にはたくさんいたのである。

夜には友人のNと近くの商店街に出かけた。

寂れた喫茶店に入ってお互いの近況を報告しあった。

店をそろそろ出ようとしていたとき、突然店内で怒鳴り声が響いた。

こともあろうに店員と客が喧嘩している。なんと言う世界だ。

東京の店では全く見たことがなかった光景に唖然とした。

Nによるとこのようなことはしょっちゅうで、何かあっても気に入らない客には店員は決しておもねらないという。激しい口論と罵声を後にして私たちは店を出た。

この街の空気が何となく殺気立っていた。

Nと別れ、再び日雇い労働者の住む場所に戻ったときには、ほとんどの労働者は深い眠りについていた。彼らにはお互いに交流するということもほとんどないようだ。

みんなが自分の殻に閉じこもり、日々生活し、将来の希望もないままに暮らしていた。

私は結局20日くらいこの場所にとどまった。しかしこの場所を訪れたのは最初で最後だった。

この街はその後、阪神大震災で跡形もなく消えてしまったのである。

この頃毎日日雇いで生活していた彼らはどうなってしまったのだろう。
今でも彼らの生活ぶりや暮らしぶりは頭に焼き付いて離れることがない。





関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://wakakihibi.blog62.fc2.com/tb.php/114-3f47bafb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。