上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東北人大富豪との時間を過ごしてから、自分の時間に関する考えが変わった。

「時は命なり」 その価値はとてもお金には変えられない。

大学院ではそろそろ修士論文のテーマを決めなければならない時期を迎えていた。

私は大学の学部時代からそうだったのだが、何かをやろうとすると次から次に興味が広がっていくという癖があり、なかなかやるべきことを一つに絞れないという弱点があった。

修士論文のテーマを決めるときも教授に相談すると、とにかく細かいテーマに絞って論文を書くようにと口をすっぱくして言われたものだった。

限られた時間の中で成果を出していくためには「テーマ」を絞らなければならない。

それができなければ結局いろんなことに漠然と手を出すだけで、何事も達成できはしないのである。

私は残りの時間でとにかく修士論文を仕上げなければならなかった。

そして自分の人生の方向性もしっかりと決めなければならなかった。

やるべきテーマを一つに絞る。

そこに効果的に時間とエネルギーを投入していく。そこで成果を生み出して次のステップを踏んでいく。この繰り返しが人間の人生を大きく飛躍させる。

大きな建物を建てるにも毎日コツコツとレンガを積み重ねていくことが大切だ。

私は自分の弱点を克服すべく、とにかく小さな小さなテーマに的を絞って資料を集め、その小さなテーマだけのために時間を投入していくことにした。

読書の範囲を修士論文のテーマに関係のあるものだけに絞り、それに没頭したのである。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://wakakihibi.blog62.fc2.com/tb.php/126-d0fc9fbc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。