上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.06.01 滑落
これまでの人生は大きな失敗をすることなくここまでやってきた。

もちろん小さな失敗はたくさんあっただろうが、大きな転機ではそこそこの結果でここまで生きてきた。

高校受験、大学受験、大学院修士課程入試。

振り返ってみても大きな失敗はなかった。その意味で私はこれまで順調な人生を歩んできた。

非常に高い結果ではないのだが、別に悪い結果でもない。そんな状態だ。

しかし、この最後の段階で私はこれまでの路線から滑落することになってしまった。

大学院博士課程の入試の合格発表に私の名前はなかった。なぜか「やっぱり」という気持ちのほうが強かった。
このときに初めて、私は先のない不安を知った。そして今までの自分の人生を反省させられることになった。

幸いに世の中の景気は非常に良かったし、その気になればどんな仕事でもできた。
フリーターなどはたくさんいて、東京ではそんな存在は珍しくも恥ずかしくもない。

食べていくことに困ることはないのだが、しかし。

自分の人生設計が大きく崩れたのである。

私はこの失敗の意味を考えようとした。この出来事は私にどんなメッセージをもたらそうとしているのか。この失敗はどんな意味があるのか。

おそらく試験の失敗は具体的な理由があった。語学の点数?面接内容?
しかし私にとっては悔いのない努力はしたつもりだった。

もう一年大学院の博士課程合格のために勉強を続けるという選択肢は私の心の中から消え去っていた。大きな進路の転換が求められているんだ。

このとき私はこの失敗の意味をそのように受け止めたのである。





関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://wakakihibi.blog62.fc2.com/tb.php/133-b7762482
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。