上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.06.12 新たなる一歩
こうして私は大学院の修士課程を修了し、フリーターとなった。

大学院での2年間はしかしとても充実していた。

たくさん勉強したし、たくさんの人にも出会った。

また田舎では経験することのないことにもたくさん遭遇した。

ただ私の心の中には、ある種の傲慢さが生まれていた。

もともと学問を深くやりたいと考えたのは純粋に真理の探究を目標としていたこと、そしてなぜだかは分からないが「真理は人間を幸せにするものだ」と私が考えていたことがきっかけだった。

そのようなものを求めるのに必要ではないものをたくさん気にするようになってしまった。

プライドや見栄、他人の評価。

私の心には余計な心の塵がたくさんついてしまっていた。

どんな環境でも自分の求めるものは追求し続ければいい。

たとえどんな仕事をしていても、お金がなくても、人から評価されなくても、ただ自分に本当に自信が持てて納得できる生き方をするためにも。

私は自分のこれからのことを考えた。

今24歳。これから30歳になるまでは、仕事で様々な経験を積みながら、コツコツと学問を続けていこうと。

いつかは自分の学んだことを人に伝えることができるような、そんな仕事がしたいと思った。

大学院の博士課程の試験に失敗してフリーターになってしまう私をどんなにか両親は心配しているだろうか。またこれまでの両親の投資を私は無駄にしてしまったのだろうか。

そんな思いが心の片隅に残っていた。

それでも、自分の信じた道を歩んでみようと、そう決意したのである。

関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://wakakihibi.blog62.fc2.com/tb.php/135-b8a839b9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。