上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大学や短大、専門学校などに入学するとき、卒業後についての明確なイメージを作る努力を忘れてはいけない。

入学することで安心してしまい、その出口の重要性を認識しない学生は多い。

大学の名前だけで、希望の就職ができたり、またできたとしてもその場所で満足な働きができるわけではない。

学生時代に身につけなければならないことは非常に多いと思わなくてはならないだろう。

そして、有名大学を出ていようが、偏差値の高い大学を出ていようが、逆に名もない短大や専門学校を出ていようが、実力のあるなしが職業生活の幸不幸を決める。

結局は社会に出て行くという「学校の出口」の部分を意識して、自分で課題を設定し、高い能力を身につける努力をしなければならないのである。

そのようなものを意識せずにずるずると卒業を迎える学生は少なくない。

学生時代は貴重な自己投資の時代であると心得て、時間や労力の限り努力すればいい。

それがどのくらい価値があるものかは決して学生時代には分からないものなのだ。

というよりも、すぐには分からないかもしれないが、まだ見ぬ未来を信じて、周囲に流されずにストイックな努力を続けること自体が価値のある学生生活なのである。

学生時代を最後の遊び場であると考えるか、最高の自己投資の場であると考えるか。
その違いは計り知れないほどに大きい。





関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://wakakihibi.blog62.fc2.com/tb.php/138-5438cd90
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。