上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大学が大衆化して目的を喪失した学生が増えていくと、努力するという文化が大学から失われていく。周囲を見渡せば無目的に遊び暮らす友人たちを多く見ることになる。

そんな中で一人将来に向けて努力していくことは、時として孤独を感じることがある。

怠惰に流れ、自由を乗りこなすことのできない学生の群れの中を、一人未来を信じて努力の生活を続けることは孤独な戦いでもあろう。

周囲に流されて時を無駄にするか。

努力を重ねて未来への道を開くか。

学生にとってはどちらの選択も可能である。

しかし、孤独になることを恐れていては自分にとって最も大切なものを失うことになるだろう。

自分の人生は自分の人生。

どんなに親しい仲であっても、どんなに分かり合っているようであっても、誰ともその人生を代替することなどできない。

かけがえのない自分だけの固有の人生をいかに生きるか。

そこには必ず孤独はつきまとうものなのである。だから、まずそのことを受け入れなければならない。

それを受け入れて初めて、自分の方向が定まってくる。

周囲に迎合し流される生活を続けても、一時の間孤独から開放され、つかの間の楽しさを享受することはできようが、自ら主体的に自分の人生を創造していく機会を失っていくことになるだろう。

だから孤独を恐れてはいけない。

自分の信じる道をただ一人歩むだけの覚悟ができたときにこそ、本当の協力者や親友に出会うことができるのである。

関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://wakakihibi.blog62.fc2.com/tb.php/140-8adf323c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。