上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
慶応義塾を創設した福沢諭吉は「朱に交わっても赤くならない」ことをモットーにしていたという。

学生時代ももちろん社会人になってからも、必要な付き合いというものはある。

そのような人間関係の係わり合いが無駄に思えたり面倒に思えたりすることはあるだろう。

自分の関心のある分野や興味のある物事に集中してその分野で力をつけていくことはとても大切なことだ。

しかし、人間には遊びの部分も必要でおそらくは8割を本業につぎ込み、2割をそれ以外の部分に使っていくということが、必要なバランス感覚というものではないか、と思える。

自分が好きではなくともお酒を飲んだり、時には友人の愚痴に付き合ってあげたり、一見無駄だと思えることに時間を使ってみたりすることは長い意味で無駄にならない場合も多いものだ。

福沢諭吉は友人の様々な会話に加わって話を合わせていても、自分はそのような世界に染まらないで自分の道を歩んでいたのだ。「独立自尊」とはそのような意味だろう。

ただ2割の部分が長い意味で無駄にならないというのは次の二つの意味があるからだ。

一つはそのような付き合いをしていくことが他人に対する愛である場合があるから。

もう一つは、自分の知らなかった世界に目を開かせるきっかけになりうるから。

である。

もちろん自分が最も大切にしているものや、本業というものがある。その部分を最も大切にしているからこそ、その遊びの部分が生きてくるのである。

だから、決して本命、本業、本心を失ってはならない。
「朱に交わりても赤くならない」という精神をじっくりと吟味して欲しい。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://wakakihibi.blog62.fc2.com/tb.php/149-3e69092c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。