上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.06.22 アカデミズム
大学生が社会に出てもあまり役に立たないことがわかってきた。

個々最近、数多くの大学が学生を集めることができずに募集停止に陥っている。

大学の存在意義が問われる時代は、ますますこれからが本番といったところだろう。

最近では就職に有利な進学を考える高校生や保護者が多いことだろう。
4年間も時間と高い授業料をつぎ込んで、フリーターになってしまうよりは、専門学校に行って、きちんと就職して欲しいと考えるのは当然のことだ。

これからは教育機能の高い専門学校と、個性的な教育研究を行うことができる大学が、共に残っていくことだろう。

学生の立場からこの問題を考えてみる。

学生はただ就職先を探すためにだけ大学に行こうというのではない。

実は大学のアカデミックな機能は、長い人生を考えるとき、非常に重要な役割を果たすのである。

単に技術や職業訓練の観点ではなく、人生について考え、数多くの経験をして自分を知る。
多くの時間を使って、数多くの本を読み、考え事をして、友人と話し込んだりする。

そんな中から、自分の本当の人生を掴み取る。

一生を貫くような価値観や人生観を育む。

これができれば、大学に行く意味は十分にあるわけである。学問の価値は現在でも決して衰えない。
多様な価値を学び、数多くの考えや意見に接し、少しずつ自分の考えを紡ぎだす経験は、何物にも代えがたいものなのだ。

大学に入学したら、大学の出口(就職先)は意識しておく必要はあるだろうが、単に全てをプラグマティズム(有用性)の観点から考えるのではなく、自分の人生をあらゆる観点から練り直すということをいつも意識して欲しい。

それがいつ役に立つかはわからないが、そのような学びもあるし、やはり必要なのだ。

就職のための大学。

学問のための大学。

双方を両立させるのは、大学の制度や教員の役割でもあるだろうが、学生は自分自身でその一見矛盾するかに見える二つのベクトルを統合していく努力をすることだ。






関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。