上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自分の道を見つけるために、様々な経験をしてみることは大切なことだ。
経験には限界もあるが、経験することで学ぶことは非常に多い。

私が経験を通じて学んだことは、様々な知識やスキルだけではない。

経験の豊富さは自分に実に様々な面があることを教えてくれるのである。
つまり経験の豊富さは自分のもつ様々な側面を理解することにつながるのである。

自分の得意なこと、不得意なこと。自分の好きなこと、嫌いなこと。自分の心の傾向性やクセ。やっていて楽しいこと、そうでないこと。自分に合うこと合わないこと。などが分かるようになる。

このような意味では、どんな経験でも若いうちはやっておいた方がいい。

与えられた仕事は何にでもチャレンジし、成功し、また失敗もして、自分というものを本当に深く理解するといい。

学生時代が終わってに思うように就職できない、就職できても、やりたい仕事ができない、そんな人は多いだろう。確かに転職などをして環境を変えるという考えもあろう。

しかし、腹を決めて全てを受け入れて、何でもやってみるという考えもある。

与えられた環境を一旦全て素直に受け入れて、一定期間は全力でチャレンジしてみるといい。

就職できなかったならば、幸いだと考えて、たくさんのアルバイトを掛け持ちして、できる限りたくさんの仕事をやってみることもきっと将来に向けた貴重な種まきになるはずだ。

その時に蒔いた種が、一体いつ芽を出し花を咲かせるのか。

それは誰にもわからないかもしれない。

それでも毎日、せっせと仕事をこなし、経験を増やし、学び続けることで、未来は大きく変わっていくのだということを信じることだ。









関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。