FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自分が将来どのような職業に就いて、どのような人生を歩むべきなのか。このような問いかけが大学の中ではむなしく響く。

あたかも誰もそんなことを考えていないかのように、当時の大学生たちは遊び狂っていた。

大学1年次が終わる頃から私は猛烈に本を読み始めた。

アパートも家賃の安いところに引越しすることにした。生活のための経費を削り、できるだけ大量の本を読もうと思ったからだ。

親友のNと相談して安くて大学から近い住処を探した。もし部屋が空いていれば部屋は別にしてNと同じアパートに住もうと決めた。

探し始めたのが早かったせいかそのような部屋はすぐ見つかった。

家賃六千円。
三畳一間。
トイレ、水道は共有。

ここで生活し、自分作りに没頭する。
自分がこの大学を出るときには決して後悔しない過ごし方をする。
絶対に何かをつかむ。

自分がこの世に生まれてきた役割や意味、使命みたいなものを。

大学二年次のこの一年間が私の人生のほとんどを決めたといってもいいくらいに、本当に貴重な一年だった。

この鬱な時期、自分と向き合っていた地味で何の変哲もない時間から私の大学生活は大きな変化をみせる。




成長・ベンチャー企業の就職情報なら

ネオナビ!


話術をマスターする




関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://wakakihibi.blog62.fc2.com/tb.php/18-313d2333
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。