上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.11.08 大学の授業
大学の授業についてはその内容を私はほとんど憶えていない。

結局は先輩からの情報で単位を取りやすい授業や、出席確認の甘い授業を取ることにした。

どのような科目に自分が興味や関心があるのかも正直よくわからなかったので、とりあえず何でもいいから単位の取りやすい授業を選んだ。

ただ、不思議とオーソドックスな講義よりも、その先生の個人的な思い入れのある授業を憶えているもので、そのほうがインパクトが大きいからだろう。

たとえば「法学」の授業では憲法第9条に関して、ひたすら講義するという授業があった。結局平和が大切だから憲法第9条は守らなければならないという、戦後の平和主義の典型的な結論なのだが、この先生が「きけわだつみの声」などを引用して、いかに戦争が国民を不幸にするかということを述べられるので、印象には残ったのである。

ただ私は「きけわだつみの声」を読んで、日本の独立を守るために戦った若者がいたことに誇りを感じたし、それだからこそ自衛隊も大切で、国防が重要だという結論に至った。

感情論では国家の独立を守ることはできないのではないかと。

ただこのように自分の思い入れを授業する先生がいたことは、その意見が正しいか否かはともかくとして、自分の心にある種のインパクトや問題意識を残すので、大学での授業はそれでもいいとは思った。

しかしそれは学生が自ら学ぶ姿勢を持っている場合のことであって、授業をうのみにした学生は非武装中立というような考えを持つようになったことだろう。

単位をとること比較的容易ではあるが、本当に深く学ぶことは難しい。

様々な問題について批判的に検討する力を養うということが必要だろう。その意味で大学生は批判癖があるくらいがちょうどいい。

議論を教師にふっかけるくらいの生意気な学生になりたいものである。


マスターアフィリスクール

ロケット・イングリッシュ


関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://wakakihibi.blog62.fc2.com/tb.php/181-c7c998b7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。