上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私の学生時代の親友は違う学部で、サークルが同じ学生だった。

大学時代に親友得る、とか本当の友達を得るということの価値はやはり大きい。

この親友とは最初から非常に気が合ったので、ある意味で縁がある友人だったのだろう。

ただ私はこの友人以外のたくさん学生とも、本音で話す機会をたくさんもらったし、相手も本音で話してくれたと思う。腹を割って話をすることは人間にとってとても大切だ。

私は人見知りが激しく、コミュニケーションがそれほど得意な人間ではなかった。他人からどのように見られるか、評価されるか、嫌われはしないか、そんなことばかり気にして、あるがままの姿で他人と接することができなかった。

特に大学に入学したばかりの頃はそんな感じで、周りの人間の反応を気にしながら関わりをもっていた。

今、振り返って思うのは、最初から素の自分を素直に出していれば、もっとよかっただろうということだ。他人に気を使いすぎるというのは、実際は自分に気を使っているからで、相手のことを本当に考えているからではない。

他人の反応で自分が傷つくことが恐いからである。

ただ釈迦の言葉にもあるように、全ての人に褒められる人もいなければ、全ての人にそしられる人もいない。あるがままの自分を出して、仲良くなれなければ、あきらめも必要なのだ。

自分が一番楽な姿勢で他人に接してみることだ。

それでも受け入れてくれる人、また逆にそのような相手でも自分が受け入れることが可能な人、そのような人が長く一緒にいて、本当の親友になっていく人ではないか、と思う。

また相手に魅力を感じ、もっとずっと一緒にいて話し続けていたい人、そのような人が本当の友人になっていく人だろう。

ガチャガチャとした自分を守る鎧を脱ぎ捨てた姿を、臆することなく他人にさらけ出してみよう。本当の友人を得る道はそこからスタートする。


人見知り克服法

★ 恋愛のプロが教える、いい人どまりで終わらせない 禁断のデートテクニック ★


関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://wakakihibi.blog62.fc2.com/tb.php/183-ad2b9287
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。