上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.12.18 貧乏自慢
大学2年の頃には、住んでいる場所を引っ越して、もっと安い家賃の部屋を探した。

三畳一間でお風呂なし、トイレや流しは共同の部屋であった。
家賃は6千円。

当時は奨学金を借りていたが、県から1万2千円、国から2万4千円というところだったので、これくらいの家賃の場所でなければ、生活していくことが難しかったのである。

部屋にはコタツの台を置けば、すでにスペースがなくなるので、布団はほぼ敷きっぱなしだった。

家財道具などはないのであるが、ゴミ置き場からテレビや本箱、なぜか車の座席のシートを持ってきては座椅子替わりに使ったりと、今思えば笑える生活だった。

私の親友も、その狭いアパートの別室に引越ししてきていたが、二人でよく貧乏自慢をしていたものである。

幸い、大学が近かったので、お昼は学生食堂で食べて、これが一番の贅沢。

夜は、お金を浮かすために、定食屋で安いコロッケ定食ばかりを食べていた。

さらにお金を節約する必要があるときは、白ご飯と味噌汁だけを注文していた、いつもお店の人が「えっ」という顔をしていたのを、昨日のように思い出す。

一日に5百円以下で済ませることが多かったが、時々仲間との飲み会などがあったし、本ばかりをたくさん買っていたので、お金はあっという間になくなった。

アルバイトは一日だけのアルバイトを時々やってはいたが、勉強やサークルに当てる時間が必要だったので、できるだけやらないようにしていたのである。

お金はなかったが、時間がたくさんあって、仲間がたくさんいて、多くの本を読んで、本当に豊かで充実した時間だったと思っている。

このようなお金のない生活でも、いつでも自分の心の原点に立ち返ることのできる自分自身でありたい。

人生にはいつ何が起こるかはわからないけれども、生きていくために必要なものは、物理的にはそんなに多いものではないからだ。




自分を信じて自分らしく生きるために



モチベーションアッパー









関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://wakakihibi.blog62.fc2.com/tb.php/186-339373b4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。