上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.01.14 大学の飲み会
大学の学園祭は毎年秋に開催されていたが、合計で4回、大学の学園祭に参加したことになる。

私の所属していた大学では、とにかく学園祭後の飲み会がすさまじかった。

私はお酒が全くと言っていいほど飲めないので、先輩からのお酒の無理強いをいかにかわすかとか、誤魔化す、とか、そんなことばかり考えていた。

飲んだふりや酔ったふりをしなければ、身の安全が保障されなかったのである。

大学2年の時だけは、どのようなサークルにも所属していなかったので、友人と二人で夜に飲み会で花盛りの大学キャンパスを見物に行った。

それはもうすごい体たらくで、酔ってキャンパス内にある池に飛び込む者、止めてあったバイクに放火する者など、通常では考えられない世界が展開していた。

このような騒ぎを冷静な目で見ると、本当に馬鹿げているのだが、おそらくは自分もその中に入ってしまえば、同じようなことをするのだろうととも思った。

この頃は景気が良くて、誰も将来のことなんて心配していなかったし、就職のために大学の早い時期から準備をしたり、資格をとったり、そんな学生はほとんどおらず、安心して遊びほうけていたわけだ。

しかし、大学の飲み会で、色んな人の様子を見たり、会話を聞いたりしていると、当時の学生もまた、何ともいえない不安や空しさを感じていたのではないかと思う。

普段は自分の本音を全く話せないのに、お酒の力を借りて、酔った勢いで本音を一気にぶちまける。

しらふでは自分の本心をきちんと話す勇気もない。

周囲の人間に合わせて自分らしくない日常を送る。

そんな学生がとても多かったと思う。

私はそのような学生生活は絶対に送らない、ということを決めていたので、自分の考えや気持ちはできるだけ正直に、ストレートに語るように努力していた。

今の大学生は一体どうだろう。

就職も厳しい。将来の見通しも立てにくい。みんなが自分のことで必死なのかもしれない。

ただどんな時も、結局自分の人生を切り開いていくのは、自分の意思と努力でしかない。環境のせいにはできないものだ。

こんな中だからこそ、学生同士でお酒を飲みながらでも、お茶を飲みながらでもいい。

きちんと他人と向き合って、自分の本当の気持ちや考えを語り合う場所を持って欲しい、と感じる。


1日1分! たった一つの「やせスイッチ」★美容サロン経営者の一ヶ月がっつりメールサポート付き!







関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://wakakihibi.blog62.fc2.com/tb.php/187-37927a9d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。