FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
就職について考えた。

私の当事の選択肢としては2つの選択肢が考えられた。
ひとつは、ほとんどの大学生がそうしているように民間企業に就職すること。
もうひとつは、アルバイトをしながら司法試験に合格し法律家になること。

周りの同級生達はなぜか公務員希望者が多く、私の大学時代の同級生の多くはは国家公務員、地方公務員になった。

職業を考える上で重要なのは、その職業で働いている自分をイメージできるかということ。このイメージが湧いてこないのならば、その職業にはつかないほうがいいのかもしれない。

私のイメージはやはり何かを学び、その知識を生かして仕事をするというイメージだった。その意味では司法試験に合格して、法律家になるほうがまだ自己イメージには近かっただろう。


しかし、何度も何度も図書館に通い、法律書や判例集を読んでいた私は、この作業や勉強が必ず将来の職業に繋がることは確信できたのに、試験に合格する気がしなかった。

これが不思議なところで、現実にそのとおりになった。
人間の想いは実現する。いい意味でも、悪い意味でも。

人間は自分のイメージしたとおりの人生を生きる。

このような言葉はずっと後になって知った言葉なのだが、自分の学生時代を振りかえるとまさしくこの言葉通りになっているのである。


日本全国の採用情報が探せるサイト[en]学生の就職情報



成長・ベンチャー企業の就職情報なら

ネオナビ!



話術をマスターする


関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://wakakihibi.blog62.fc2.com/tb.php/20-1d5e3cc5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。