上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
明治大学は当時は男っぽいイメージがあった。

それにまだ学生運動みたいなことをやっている人がいて、学内での活動もそれなりに活発だったように記憶している。

それでも大学院には学者っぽい人がたくさん集まっていて、それなりにアカデミックな雰囲気があった。

なにぶん当時は景気も良くて、無理に就職しなくてもいいような雰囲気もあり、大学院の博士課程などで何年も大学院に残ったり、将来の就職など何も考えずに学問を楽しんでいる人もいた。

その意味では、食べるためにあくせく働かなくてもいいというようなムードは、学問的な世界に浸るには大切であるようにも思う。

景気が悪くなり、就職が厳しくなり、食べていくために必死で働いたり、将来に不安を抱えているようでは、なかなか学問の世界に入れないというのも確かなことだ。

明治大学で学んだのは2年という短い期間だったが、自由な立場で色々な経験をすることもできた。

それは東京という場所が、多くの人が集まり、多くの情報が集まり、多くの変わった人が自由に生きていける環境があったからかもしれない。

フリーターのような生活をしながら、大学に聴講生として来ていて、そこで学んでいる学生や、社会人でありながら大学院生という人もいた。

いろんなライフスタイルがあるものだと感じた。

田舎にいたころは、普通に大学を出て、会社に就職して、そこで一生勤めるものだという固定観念があったのだが、景気の良かった日の東京での多くの人の生き方は、本来、人生はもっと自由なものであるということを私に教えた。

多くの人がその道に進む、典型的な人生がある。

そこには安心や安定や、世間からの一定の評価もあるだろう。

しかし、やはり自分が納得する人生を生きるということを大切なものとして考えておいたほうがいい。

実際に、バブルがはじけ、日本は長期の景気の低迷に入り、現在でもその後遺症は続いていて、多くの大企業は没落の憂き目にあっている。

そんな時に、自分を支えるものは一体何なのかということを、考えざるをえなくなる。会社の名刺や肩書や立場などが、実にむなしいものであることもわかるだろう。

そして何より、年齢を重ねた後に定年し、組織を離れた自分となった時に、さてそれでもやるべきことを自分の中でつかんでいるか。

どんな時代に、どんな環境下で生きても、自分はこれをやりたい、これをやるべきだということを、ある種の使命感をともなって、見出せるか。

その種子は、学生の時代、自由な時期にこそ考えることのできるものなのである。

固定観念を離れて、時間とお金と人間関係の自由があったとしたら、その中で一体自分は何をやりたいと考えるだろうか。

何をすることが、真の幸福だと考えるだろうか。

私は明治大学にいた2年間、このようなことを考えながら生活をしていた。



【就活】2014年度“就職活動”の必勝マニュアル 【 スゴイ内定術 】 ~心から満足できる内定を取りたい学生の方へ~







関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://wakakihibi.blog62.fc2.com/tb.php/205-5e7e816c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。