上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
専門学校の講師の仕事に応募して、無事に内定をいただくことができた。

11月1日からの出勤と決まった。28歳の年だ。

今まで勤めていた虎ノ門病院の仕事を終えるとき、病棟で送別会を開いてもらった。

この病院で、仕事を通じて知り合った人は非常に多く、患者さんや病院のスタッフから学んだことは本当に多かったし、今でも私の貴重な財産だ。

病院という現場の仕事の大変さは想像以上であったし、病気で入院している患者さんに教わったことや、入院してもついには亡くなってしまった患者さんとの記憶は今でも忘れることはない。

病院で毎朝、毎朝一人で勉強していたこともいい思い出になった。

これからは、自分が学んだことを多くの学生に伝えながら、また自分のも、違った意味での勉強を続けていかなくてはならない。

しかしそれは、私にとって、非常に楽しみなことだった。

自分の知識や学力に自信は全くなかったが、24歳から28歳までの4年間、多くの人びとの間で揉まれながら身につけたことは、きっと自分のためだけでなく、多くの学生たちのためになるのだろうし、彼らの人生のなんらかのたしになるに違いない。

1993年11月1日。

東京法律専門学校での教師としての生活が始まった。

そこから16年あまりの教師生活。そこでも多くの学生たちに出会い、たくさんのドラマがあった。

この年齢になって思うのは、自分の人生を物語にしたときに、読み応えのある物語が出来上がるのかどうか、短調でなんの感動も変化もない、そんな物語になってしまうのか、その違いは重要であるということだ。

内村鑑三という人の本に、「後世への最大遺物」という本がある。

自分が死んだあとに、著書という形で思想を残す人、多くの財産を残す人、名声を残す人、色々な遺物があるが、誰でも残すことのできるもの。

それは、その人固有の人生の物語。

そこに感動があり、多くの学びがあり、人間としての成長がある、そんな物語だろう。

失敗や挫折も、後には大きな教訓やドラマとなる。

少なくとも、自分が後々、自分の人生を振り返って、多くの後悔を感じるような、もっとやりたいことがあったのにと感じるような、そんな生き方だけはしたくないものだ。

人は、やったことよりも、やらなかったことを後悔するという。

私は、そんな人生の貴重な意味や価値を、学生たちに伝えることができるだろうか。



関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://wakakihibi.blog62.fc2.com/tb.php/218-78e75e2c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。