FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.03.08 読書の効用
食費と同じくらいの金額を本を買うのに使っていた。
そんなことをいうと今も昔も少し驚かれる。

私は大学の4年間で千冊の本を読もうと決めていた。

私の三畳一間の部屋には次々に本が積み重ねられ、窓はふさがり地震がきたら本の下敷きになるかもしれなかった。

読書で得たものは大きい。

昔の人や自分がとても出会えない人と会話をしているようなものだし、自分ができない経験を読書を通じて疑似体験できる。

様々な人々の生き様、考え方、経験。
これを学ぶことができる最も安価な方法かもしれない。

人間の経験するあらゆるものを学びたいという気持ちがあったが、自分の生活空間には物理的な限界がある。読書によってそれを破ることができるのだ。

活字離れが問題視されるが、私の学生時代にもさほど本を読んでいる人は多くはなかった。もったいない話である。

本をたくさん読むことの効用がもっと大学で見直されたらいいのに、と思わずにはいられない。


正統派の英語学習法





関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://wakakihibi.blog62.fc2.com/tb.php/26-859247cd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。