FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大学に入学してしばらくするとあるサークルに入部することにした。

音楽系のサークルだ。新入生が入部した初日にさっそくコンパが開かれた。正直に言えば、例えばコーラス部や吹奏楽部などのように、真剣に音楽に取り組むというよりも、ギター片手に好きな音楽を歌い、みんなで集まって酒を飲むというような不埒なサークルだった。

コンパではいきなり鹿児島の焼酎を躊躇なく飲まされ、吐いた。

これが大学生なのだろうがさすがに疲れた。こんな風にして過ごす日がかなり多く、その気になれば毎日がお祭り。そうやって暇な日常を過ごすこともできる。

私は入学当初もその後も単位を取得する必要のある授業はきちんと出ようと決めていたのだが、そのことで先輩にいちゃもんをつけられたことがある。

授業以外にも時々図書館などで勉強や読書をしていた私のことを知っていたその先輩は、ある飲み会の帰り道のこと。

「お前はなんだか勉強をしているみたいだが、大学に来て勉強するなんて馬鹿なことはやめろ。もっと遊べ」

といわれた(なぜこの先輩が私の図書館通いを知っていたのかは、いまだに不明だが)。

なぜだかそのとき私は謝ってしまったのだが、それほどまともに勉強する学生が異常な扱いをうけるような雰囲気があった。
 
私はこのような雰囲気の大学の中でこれから一体どのように4年間を過ごしていくべきなのか真剣に考えさせられた。

サークルやコンパなどはそれなりに楽しかったのだが、同時にひどいむなしさも感じていた。この状態で4年間はないだろうと思った。

人間関係もうわべだけの軽薄さがもっぱらで、お互いのことを深く話したり理解しあうような局面がない。

今の大学生たちは学生生活をどのように感じているだろうか。

たくさんの「語る場」を持っているだろうか。少なくても「語る相手」を持っているだろうか。共通の「語ることがら」を有しているだろうか。

それとも今でも、うわべだけの付き合いの人間関係の中で、虚しさを感じているだろうか。



関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://wakakihibi.blog62.fc2.com/tb.php/3-72a883d8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。