上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なぜ空手をやろうと思ったのかは自分でもよくわからない。

ただ体と頭の両方を同じように鍛えたかった。

勉強する人は体を鍛えることをおろそかにし、スポーツなどで体を動かす人は頭を使うことをしないものだが、それではいけない。

私も勉強や読書にはかなり熱を入れたが、それだけでは限界が来ることを感じてはいた。疲れやすくなったり、食欲がなくなったりして、結局は勉強する気力や体力が続かないのだ。

学生時代はでき得るならば両方をやることが望ましいだろう。

この空手のサークルはかなり練習がきつかった。
実践的な空手の流派だったので、本気で殴りあうことになる。

体のあざが絶えることはなく、いつも筋肉痛などで体が痛かった。
突き指をしたり、骨にヒビがはいったり、大変な思いもしたが、なぜか練習が終わった後はいつも幸せな気持ちがした。

この空手のおかげで勉強を長くやる体力がつき、継続力や持続力が強くなったと思う。練習に通ってくるメンバーは無口な人が多く、私もあまり話さなかったために親しい関係になった人はいなかったが、私にとっては十分な成果があった。

空手は4年次の途中で止めてしまったが、いまでもあのときの続きをやりたくなることがある。

かくして、ピアノとミニコミ誌、空手の三つのサークルにかけもちで参加するという無謀な大学3年時代がスタートした。


人気の資格でスキルアップ!資料請求無料



関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://wakakihibi.blog62.fc2.com/tb.php/31-3d9989d3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。