FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
学生時代の大きなテーマは心の友を見つけることだ。たった一人でもいい。心から信頼できて、本音で話せて、自分をさらけ出せると同時に、自分に真の孤独を教えてくれる存在。

私はその意味では本当にラッキーだった。

私の所属していた音楽系のサークルにNという男がいて同じ県(長崎県)の出身だったこともあり、すぐに打ち解けた。彼は佐世保の出身であり、私は大村の出身であったが、方言も同じで、共通の話題も多かった。

音楽の趣味などが一致していたことも仲良くなった要因だったろう。

とにかくこのNという男には何でも話せる気がして、いろんな話をした。自分の本当の気持ちや考えを隠さずに話せた。

自分から心を開かないと決して本当の友達はできないと思う。しかし、私はどちらかといえば自分から自己開示をすることが非常に苦手で、その面ではNが私の心を開いてくれたと言ってもいい。

最近の学生はどうだかわからないが、人から声をかけてもらうのを待っていたり、何に対しても受身の学生は当時もとても多かった。私もその一人だったかもしれないが、コミュニケーション欲求は強かったと思う。

学生時代にどんどん孤独になっていく学生は、人とコミュニケーションをとらない学生が非常に多い気がする。

コミュニケーションが苦手なのではない(というよりもともとコミュニケーションが得意とか苦手というのは生まれ持った能力の差ではなくて、どれだけ自分と違った個性や考え方をもった人間とコミュニケーションをしてきたかの違いにすぎない)。

だから、苦手だというのは正しくない。コミュニケーションをしないのだ。

私の場合、このような心友を得たことがその後の4年間を実に実りの多いものにした。

私はどちらかといえば内向的なタイプだったが、そのNは外向的で明るかった。

私たちはお互いに足りない部分を補完しあうようにして学生時代を過ごしたのである。

学生時代はまず、共に理解しあい向上できる友達を作りたいものだ。

私とNに共通していたのは、大学時代をいかに生きるか、という問題意識だったし、この4年間をとにかく実りあるものにしたいという強い願望だったと言える。

大学は授業やゼミやサークルやアルバイトや、様々な場面で多くの人と関わる機会は無数にある。しかも利害関係をほとんど気にしなくてもいい。だから、機会があるごとに、自分というものを、自分の考えというものを遠慮なく開示し、表現し、伝える努力をするべきなのだ。




関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://wakakihibi.blog62.fc2.com/tb.php/4-b8f13e98
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。