FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.06.25 司法試験
司法試験の短答式は5月に行われる。

これは現在でも変わっていないようだが、現在では法科大学院などの制度があって、私が勉強していた当時とはずいぶん様子が違う。

司法試験は当時、合格者の平均年齢は28歳。

大学卒業時に合格することはかなり難しく、合格者の多くは20代という貴重な時間を試験勉強に費やしていた。

私はこの頃から、自分の関心が法律などの実用的な知識より、人間の生き方や考え方、人生観のようなものに移っていることを実感していた。

ゼミの先生には「君は司法試験には向かない」ともいわれていた。

大学4年になったばかりのこの時期、司法試験を目前に控えて私の心は揺れていた。

かなり勉強してきた気持ちはあったのだが、司法試験の勉強に徹しきれていない自分がいた。

ゼミでの様々な学問的研究、サークル活動。

自分の将来像は全く闇の中だった。両親や友人には、司法試験を目指して上京したい、というようなことを話していたが、自分でもそれが可能なことなのかわからなかった。

おそらくは大学を卒業してフリーターになっていく人の多くが、この当時の私のように、職業に具体的なイメージを持てないでいるのではないだろうか。

何かをやりたいとかやるなどど公言していても、それについて自分でも確信や自信がない状態。

これがフリーター予備軍の共通した特徴かもしれない。

私はこのような中途半端な気持ちで、司法試験を迎えた。





「心・技・体!悩み知らずの無敵受験生 完全養成マニュアル」 + 「資格試験の裏技的!?勉強法ver.3」
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://wakakihibi.blog62.fc2.com/tb.php/52-0a251391
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。