FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
学生時代はできることなら、お互いがその関係において成長できる恋愛をしたいものである。

私の場合、大学に入学して初めての恋愛は自分自身に大きな変化や成長はもたらさなかった。

理由はよくわからない。ただ私はこのときは相手の内面などは全くと言っていいほど見ていなかった。相手が何を考えているのか、どんな生き方をよしとしているのか、どんな価値観をもっているのか。

このようなことに無頓着な恋愛は、結局は自分の中に変化や成長をもたらしはしないのだ。

相手の内面を理解しつつ進んでいく恋愛は、きっと大きな実りと成長をもたらすだろう。

私にとってこのときの恋愛はまさしくそうであった。

彼女を理解しようと努力した。
お互いに成長したいと願った。
彼女の人生にとって私との出会いがプラスになりますようにと祈った。

しかし私は、彼女のためになりたいと思いつつ、自分の欲望に負けたのかもしれない。

自分の気持ちを伝えて、彼女を自分の「彼女」にしたいという衝動は抑えることができなかった。

このままの距離で関わり続けていられたら、彼女もそして自分自身もあんなに悩み苦しむ必要はなかっただろう。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://wakakihibi.blog62.fc2.com/tb.php/66-0eb56950
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。