上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.08.19 多忙な日々
人関係が濃密になってくるとひとりの人間に対して関わる時間が増えてくる。

この頃の私がまさにそうだった。

それでもゼミの発表を毎週こなし、三つのサークルを掛け持ちで活動していた。

将来のことを考えて法律の勉強もかなりがんばったが、大学院に進学する可能性も捨てきれなかったので語学もかなり勉強した。

異常なほどに行動的で活動的だった。

その頃と今を比較すると、何と言っても「行動力」が大きく減退していることを感じる。

その頃の「行動力」の源泉が一体どこにあったのかと考えてみると、体力がまず違ったと思う。

そして将来に対する「夢」「希望」。まだ何事もなしていないという可能性を秘めた自分の存在。

しかしそれは年齢にはあまり関係のないことだ。

確かに体力は仕方がないのだが、どんなに歳を取っても「可能性を秘めた自分」に対する期待や信頼は失いたくはない。

この頃の自分が今の自分を見たらどう評価するだろうか。

就職をして、家庭を持って、落ち着いてしまった今の自分を。

「もっとやれることがたくさんあるよ」

そんな声が聞こえてきそうだ。

関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://wakakihibi.blog62.fc2.com/tb.php/70-c1b8109d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。