上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自転車を買う金もなっかた私は友人Nの計らいで自転車をもらえることになった。

緑色のスポーツタイプの自転車だ。

どこに行くにも徒歩だった私は、大喜びでもらいに行った。
夕方Nのうちに行ってしばらく話しをし、自転車置き場においてあった自転車をもらって帰ることにした。

ただライトが壊れていて点かない。これはさすがに自分で金を出して修理しようと思ってそのまま無灯火で家路を急いだ。

もうあたりはすっかり暗くなっている。喜びいっぱいにペダルを漕いだ。交差点を右折しようとしたとき、前方からまぶしい光が目に入ってきた。

あっ

ガシャン。

5メートル以上跳ね飛ばされたらしい。

気がついたら若い男女が私を抱きかかえていて、救急車が呼ばれ、病院に直行。顔面から地面に落ちて顔は血まみれ。

突然の悲劇。自転車は一日も活躍せずにぐしゃぐしゃ。
医者が私に最初に言った言葉「君は運がいい。生きているから」
「昨日運ばれてきた人は、病院に来た時にはもう死んでたよ」

治療を終えて入院することになったが、とりあえず部屋がなく緊急治療室のようなところに寝かされた。となりでおばあさんが「うーうー」とうなっていてとても眠れなかった。

自分では体のあちこちが痛くて、一体どのくらい入院しなければならないのか、見当もつかなかった。大変だ、明日は語学の授業がある。欠席は非常にまずい。

しかし、この状況で大学に行けるわけもない。

この時代、携帯電話などない。すぐに連絡などはとれないが、病院から実家と下宿先には電話が行ったようだった。遠く離れた長崎の地で、こんな知らせを聞いたら、両親はどれだけ心配するだろうかと思った。

眠れないついでに、いろんなことが頭をめぐった。大学に入学してから1か月ほど、ようやく鹿児島での生活にも慣れてきた。こんなタイミングで事故に遭うとは。

自分の不注意でもあり、相手のバイクの運転手が全面的に悪いわけでもない。医者がいうように、私は死んでいないし、顔面以外はそれほど傷もない。運が良かったというべきだろう。

後でわかったことだが、あと一秒でもバイクにぶつかるのが遅ければ、確実に重傷か重態か、死に至っていただろう。人生にはこんな時もあるのだなと思った。

たった一日で友人の自転車を壊してしまい、親や友人にも心配をかけてしまう。本当に情けないことである。

本当にこれからは注意をしなければならないと思った。事故も病気も、遠く離れた両親は、それを近くで確認できないだけに、本当に心配だろうと思う。自分も親になった今、よくわかるのである。

実はこの入院、私にとっては人生ではじめての経験だった。これまで病気も事故もなく、元気に生きてきた。

そんな私はこの入院のおかげでいろんなことを学んだ。





あなたにぴったりの教習所をご紹介!運転免許.com


関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://wakakihibi.blog62.fc2.com/tb.php/8-d195589b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。