上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
残念ながら、当時の大学には「自由」に翻弄され堕落していく大学生を引き止める力はほとんどなかった。

今の大学はどうであろうか。

私の大学時代の友人で留年した学生は知っているだけでも数名はいたし、退学する学生も少なくなかった。

一体、四年間という時間をどのように使ってきたのだろう。

この状態が放置されていることは、大学がとても教育機関と呼べるものではないことを意味していた。

「自由」な状態で放置されただけでは、人間は決して主体的にはなれない。

「自由」を使いこなすことは個々人の自己責任かも知れないが、高校を出たばかりの学生たちにそれを要求することは難しいだろう。

私は卒業を前にしたこの時期に、大学に欠けているものが理解できた気がした。

「人生の師」とでも呼べる人がいないのである。

だからどのように生きて、どのように大学時代を過ごしていけばいいのか、全くわからないままに時を浪費していく。

本当は様々なところに自分を導いてくれる人は存在しているのかもしれないが、それを知るきっかけさえもつかめないまま、卒業を迎える。

大学全入といわれる現在、この流れに歯止めがかけられるだろうか。

実は多くの大学生が大学に入学することでかえって自分を見失い、社会性を喪失し、能力を低下させているのではないかとさえ思えるのである。



「幸せなお金持ち」になる秘密、ここにあり! 「ir大学」
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://wakakihibi.blog62.fc2.com/tb.php/92-521d37be
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。