FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.11.06 冬の終わりに
学生時代に話を戻してみたい。

ついに大学4年の冬が終わろうとしていた。

卒業が近づいてきた。サークルの後輩達と過ごすことができるのもあと数週間。もちろん親友のNや彼女ともそうだ。

私は自分の地元の大学に進学したのではなかった。

この地を後にすれば再び戻ってくることはない。そう考えるとこれまで過ごしてきた4年間の歳月がいとおしく思える。

当然私の大好きだった多くの後輩達にも、もうなかなか会えないだろうと思った(事実そうなった)。

毎日のように彼らと話をし、語り続けた。

当時は携帯電話やメールもない。インターネットなども普及していなかった。離れてしまうととてつもない距離を感じてしまう。

私は大学の卒業式には参加していない。この大学で学んだことのほとんどがサークルで後輩達が私に教えてくれたこと。

尾崎豊の歌ではないが「決して授業で教わったことなんかじゃない」。

あとはゼミの教授から直接教わった数々の教訓。

まずは私より先に親友のNがこの地を去っていった。
電車で一旦地元に帰り、就職先の会社のある場所に向かった。

駅で大勢の後輩達と共にNを見送った。

後輩の一人がボロボロと涙をこぼしながら駅のホームにたたずんでいた。別れの切なさ。

あと数日で・・・今度は自分の番だ。・・・・・・別れたくない。



関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://wakakihibi.blog62.fc2.com/tb.php/96-b7946713
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。